海苔の豆図鑑 < 海苔増殖振興会ホーム

日本産アマノリ属藻類紹介

海苔の豆図鑑

ノリは紅藻植物門 ウシケノリ綱 ウシケノリ目 ウシケノリ科 アマノリ属(Porphyra)に属する藻類の総称で、かつて(2011年以前)正式にはアマノリと呼ばれてきました。このアマノリ属には世界全体では130種以上があり、日本産のものは29種が含まれるとされてきました。養殖ノリとしてよく知られているスサビノリやアサクサノリはその代表的な種です。

しかし、ノリに関する近年の研究(分子系統解析)の進展は国際的にも目覚ましく、これまでアマノリ属(Porphyra)とされてきた藻類は2011年に8属に再編されることになりました。その結果、日本産のノリはマクレアマノリ属(Boreophyllum)、アカネグモノリ属(Neomiuraea)、アマノリ属(Pyropia)、ベニタサ属(Wildemania)の4属に分類されることになり、大部分は新しく設定されたアマノリ属(Pyropia)に属すとされました。

ところが、分子系統解析の研究が更に進み、2020年にはアマノリ類は14属に再々編されることになりました(詳細はno.4 アマノリ類の学名をご覧下さい)。日本産のノリはマクレアマノリ属(Boreophyllum)、アカネグモノリ属(Neomiuraea)、オニアマノリ属(Neoporphyra)、アマノリ属(Neopyropia)、ミナミアマノリ属(Phycocalidia)、ウップルイノリ属(Pyropia)、オオノノリ属(Uedaea)、ベニタサ属(Wildemania)の8属に分類されることになりました。ただし、日本産の6種は分子系統解析(DNA解析)がまだ済んでいないため、旧分類のポルフィラ属(Porphyra)のままになっています。

その後、2021年には新種としてセンジュアマノリが記載されました。また、同年、中国の固有種とされていたハイタンアマノリ(中国名: 壇紫菜)が伊豆諸島の式根島と八丈島に自生していることが報告されました。この結果、日本産のアマノリ類は31種となりました。

「海苔の豆図鑑」では、菊地則雄氏に写真提供のご協力を戴き、有賀祐勝先生に日本産アマノリ類の簡潔なご紹介を戴きます。(「海苔の豆図鑑」2020.8.31.改訂 2021.12.10.改訂)

no.1 アサクサノリ(平成24年11月9日初出)
no.2 スサビノリ(平成24年12月5日初出)
no.3 オニアマノリ(平成25年1月10日初出)
no.4 アマノリ類の学名(平成25年2月7日初出)
no.5 ウップルイノリ(平成25年3月28日初出)
no.6 カイガラアマノリ(平成25年5月21日初出)
no.7 マルバアサクサノリ(平成25年8月29日初出)
no.8 イチマツノリ(平成25年10月17日初出)
no.9 カヤベノリ(平成25年12月5日初出)
no.10 ソメワケアマノリ(平成26年2月4日初出)
no.11 ヤブレアマノリ(平成26年4月4日初出)
no.12 チシマクロノリ(平成26年6月4日初出)
no.13 ベンテンアマノリ(平成26年10月21日初出)
no.14 ウタスツノリ(平成27年4月14日初出)
no.15 オオノノリ(平成30年5月22日初出)
no.16 ①オオバアサクサノリ、②ナラワスサビノリ(平成30年5月22日初出)
no.17 マルバアマノリ(平成30年6月20日初出)
no.18 タネガシマアマノリ(平成30年6月20日初出)
no.19 ツクシアマノリ(平成30年8月23日初出)
no.20 アツバアマノリ(平成30年9月3日初出)
no.21 マクレアマノリ(平成30年10月15日初出)
no.22 ベニタサ(平成30年11月29日初出)
no.23 キイロタサ(平成31年1月11日初出)
no.24 フイリタサ(平成31年2月26日初出)
no.25 アカネグモノリ(令和元年6月14日初出)
no.26 ハイタンアマノリ(令和元年10月16日初出)
no.27 ムロネアマノリ(令和2年12月11日初出)
no.28 エリモアマノリ(令和3年3月15日初出)
no.29 コスジノリ(令和3年8月10日初出)
no.30 センジュアマノリ(令和4年1月24日初出)
no.31 アナアマノリ(令和4年1月24日初出)

解説執筆

有賀 祐勝(あるが・ゆうしょう)

一般財団法人海苔増殖振興会副会長、浅海増殖研究中央協議会会長、公益財団法人自然保護助成基金理事長、東京水産大学名誉教授、理学博士

おしば標本の写真提供

菊地 則雄(きくち・のりお)

千葉県立中央博物館分館海の博物館主任上席研究員、理学博士

「海苔の豆図鑑」ページのトップに戻る