日本産アマノリ属藻類紹介

海苔の豆図鑑

アサクサノリの写真

no.2

和名

スサビノリ

学名

Pyropia yezoensis
〔ピロピア イェゾエンシス〕

所属

紅藻 ウシケノリ科 アマノリ属

特徴

葉状体は卵形、楕円形ないし長楕円形で、基部は楔形、円形から心臓形である。長さ5-20 cm、幅2-8 cmで、ときには長さ50 cm、幅20 cmにまでなることもある。赤褐色で、下部(基部)は濃い緑色がかったものが多い。葉状体の縁辺は全縁で顕微鏡的な鋸歯はなく、波皺し、ときに裂片を持つことがある。未成熟の部分の厚さは35‐53μmで比較的厚い。雌雄同株で雌雄の生殖細胞は混在しているが、雌雄異株の個体もある。

肉眼で見られる葉状体の生育期は秋から初春(9月下旬~翌年4月下旬)で、その他の季節(高温期)には、葉状体から放出された果胞子(接合胞子)が貝殻などに潜り込んで成長し、顕微鏡的な糸状体(コンコセリス)の形で過ごす。糸状体に形成された殻胞子は9月中下旬に放出され、発芽して葉状体になる。若い葉状体の縁辺部から放出される胞子(単胞子、原胞子)による無性生殖(単胞子が発芽して葉状体になる)が長期にわたって起こる。
(養殖品種としてナラワスサビノリがある。)

分布

北海道、本州太平洋岸北部、本州日本海岸北部;朝鮮半島に分布する。葉状体は外海に面した岩礁海岸に生育し、潮間帯上部から下部にかけて種々の基物(岩、テトラポッドなどの人工護岸、他の海藻など)に着生する。


解説執筆

有賀 祐勝(あるが・ゆうしょう)

一般財団法人海苔増殖振興会理事、浅海増殖研究中央協議会会長、公益財団法人自然保護助成基金理事長、東京水産大学名誉教授、理学博士

おしば標本の写真提供

菊地 則雄(きくち・のりお)

千葉県立中央博物館海の分館主任上席研究員、理学博士

「スサビノリ | 海苔の豆図鑑」ページのトップに戻る